Photo by Anthony DELANOIX on Unsplash
照著自己的風格嘗試翻譯了一下生物股長這首既眷戀又新生(舊情復燃)的春天名曲,冬去春來,我們的愛是否也能再次綻放呢?的感覺~

生物股長 – 花當為櫻花 美應當如你

いきものがかり- 花は桜 君は美し

花は桜 君は美し
花當為櫻花 美應當如你

春の木漏れ日 君の微笑み
春光樹影 微笑的你

冬が終わり 雪が溶けて
冬天結束 白雪消融

君の心に 春が舞い込む
你的心中有春色起舞

窓をたたく強い雨はまだ続くと
敲響窗戶的大雨仍將持續

ラジオから流れる声が伝えています
收音機裡的聲音傳來這樣的訊息

電話から聞こえた声は泣いていました
電話裡的聲音在哭

忘れたはずの懐かしい声でした
那是應該已經忘卻了的 懷念的聲音

君はまた もう一度
你是否想再一次

あの頃に戻りたいのでしょうか
回到那個時候呢

春を待つ つぼみのように
宛如等待春天的花蕾

僕は今 迷っています
現在的我 正迷惘著

花は桜 君は美し
花當為櫻花 美應當如你

春の木漏れ日 君の微笑み
春光樹影 微笑的你

冬が終わり 雪が溶けて
冬天結束 白雪消融

君の心に 春が舞い込む
你的心中 有春色起舞

変わらぬ街の景色が教えるのは
未曾改變的街景讓我明白

ひとつだけここに足りないものでした
此處唯一缺少的是什麼

「いつもの場所」と決めていた駅の前
說好的「老地方」車站前

揺れ動く心が僕を急がせます
搖擺的心催促著我

僕はまた もうー度
我能夠再一次

君の手を握りたいのでしょうか
渴望握住你的手嗎

春を抱く かすみのように
宛如擁抱春天的霧

僕は今 揺らいでいます
現在的我 正動搖著

花は香り 君はうるわし
花正芬芳 你正值芳華

水面に浮かぶ 光が踊る
水面浮光躍動

風が騒ぎ 街は色めく
風兒躁動 大街色彩一新

僕の心は 春に戸惑う
我的心 因春徬徨

春はまた もう一度
春天能否再一次

この花を咲かせたいのでしょうか
讓這朵花渴望盛放呢

僕を待つ 君の傘が
等待我 你的傘

あの駅に 開いています
在那個車站 正綻放著 

花は桜 君は美し
花當為櫻花 美應當如你

春の木漏れ日 君の微笑み
春光樹影 微笑的你

時に燃える 春の吐息
時間點燃 春天的呼吸

二人の時が 春に重なる
倆人的時間 重疊於春天

花は桜 君は美し
花當為櫻花 美當如你

春の木漏れ日 君の微笑み
春光樹影 微笑的你

冬が終わり 雪が溶けて
冬天結束 白雪消融

君の心に 春が舞い込む
你的心中 有春色起舞

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *